ETHIOPIA ODO SHAKISO

エチオピア オド シャキーソ

ロースターコメント

チェリー、フラワリー、キャンディ、アップル

ベリー感たっぷりのナチュラルも人気ですが、
キーワードは「フルーティー」なコーヒーを…今回はウォッシュドをセレクト。
甘みはもちろん、フレーバーがとっても優しい♪
お花のような、鼻から抜ける心地よいフレーバー。
エチオピア好きには一度は飲んでいただきたいコーヒーです。

銘柄情報

オド シャキーソ ウォッシングステーション はシャキーソ町から 約 3 キロの場所にあります。この農場 は非常に標高が高く、コーヒーは非常に肥沃な赤茶色の粘土質の土壌で 育っています。ウォッシングステーション は天然の泉の近くにあり、きれいな水 は Washedロットを処理するために使用されます 。 ウォッシングステーションの管理者によると、加工場に配達されるコーヒーの大部分は ブルボン種です。ティピカ とブルボンは中南米でよく知られている2大品種ですが、エチオピアでは同じ用語が特定のコーヒーベリー病を説明するために口語で使用されます。
抵抗力がある品種。エチオピアの「ブルボン」と 「 ティピカ 」の品種は、一般的に世界中の他の場所で見つかる品種の先祖です。

生産国エチオピア
地域シャキーソ,グジ,オロミア
農園小規模農家
標高2180-2220m
品種ブルボン
生産処理ウォッシュド
  • 850円(税抜)
豆の挽き方
グラム